売買契約の手付金500万円を現金で用意しています。

binding-contract-948442_640.jpg

おはようございます。

昨日は六本木のBarneys New Yorkで秋に向けての白のボトムとジャケットを購入しました。

もともとモデルの世界にいた奥さんのアドバイスはセンスがあり的確です。

彼女が似合うよと言ってくれる服を積極的に買うようにしています(笑)。

さて明日は都内新築S造の土地の売買契約です。

立地は大江戸線のある駅から徒歩5分以内で最近その近辺はオシャレになってきているそうです。

売買契約に際し、手付金として500万円を用意しないといけないので、土曜日から私のメインバンクであるゆうちょ銀行のATMで200万円づつ引き出しています。

それにしても500万円の現金を持参しないといけないのはなかなか恐ろしいものです。

日本の不動産の商慣習は海外に比べて遅れていますね。

海外特にアメリカではエスクロー会社が手付金を預かったりしてくれますので第三者が中立的な立場で動いてくれます。

現金でのやりとりは基本ありません。

そう言いながら、為替の手数料が大きいので現金で払いたい場面がありました。

実は今週ハワイのコンドミニアムの売買契約も予定しています。

お値段は約2億円強です。3ベッド、3バスの高層階になります。

2018年完成になりますので、2年後はハワイに移住する予定です。

さてその売買契約の手付金で日本の不動産を買うのと少し勝手が違うので困りました。

手付金は合計4000万円ですが3分割で支払います。

その最初の支払が売買契約から3日以内となっています。

約1000万円を支払うのですが、私はアメリカの銀行から発行された小切手で最初支払おうと思っていました。

ただ小切手にしろアメリカの口座に日本から不足分を送金しなければならず、それなら現金一括で支払えるか?確認したところエスクロー会社に手付を支払うので無理と言われました。

ではどうするか?

海外送金をしないと行けないのですが、これまた面倒な手続きがあり銀行や税務署からも100万円以上の海外送金は色々聞かれるようです。

1回で3000万円以上の海外送金だと日銀に報告書を出さないといけないそうです。。。

HSBCとかだと簡単に海外送金出来るのに日本の銀行は手続きが少し複雑ですね。


「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示