融資の条件

dollar-837378_640.jpg

おはようございます。

昨日はハードなスケジュールを完璧にこなしたイクメン大家です。

移動しながら振込処理多数となかなか大変でしたが何とかなりました。

さて本日の記事は融資の条件についてです。

融資承認を取った本部への約束事が融資の条件としてエンドユーザーに提示されます。

預金担保ではないけど、預け替えをして欲しいというのはよくある話です。

そのなかでも都銀のR銀行さんは絶対に預けないと困りますという姿勢でこられます。

平均の預金残高が最低2年間5000万円を下回るとダメですという感じです(笑)。

R銀行さんの通帳はしっかりとした金融資産エビデンスとして使えますのでまぁいいかなと思っていますが、それでも確実に入れておいてくださいと言ってくる姿勢には抵抗したくなります。

あくまで平均なので新たな投資で預金から資金移動するのは自由です。

自由なんですが、預けておいてくださいの一点張り。

金融庁のガイダンスでは過度な預金協力は評価しないと明記されているのに、R銀行さんはその姿勢を正そうとしません。

イクメン大家としては都銀よりも、信用金庫にシフトしたいので預金は出来るだけ信用金庫に移動する予定です。

信金の底力は半端ありません。

3期黒字で超えてくるとその凄さを肌で感じます。

制限は無いのではないか?というぐらいどんどん持ってきてくださいという感じです。

一方R銀行さんからはもう融資の上限ですと言われているので、預金協力するメリットは微塵もありません。

やっぱりさらなる支店替えを検討しようかなと思います(笑)。


「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示