壁にぶち当たる前に準備しておく

america-2206963_640.jpg

おはようございます。

たまのアメリカ本土もいいですね。

昨夜はサンフランシスコのAnchor Oyster Barに行ってきました。

ここには何度も行っていますがやっぱり美味しいです。

さて本日の記事は壁についてです。

これから不動産投資を始められる方はまだまだ私が言う壁は関係ありませんが、やり方を間違えるとすぐに壁にぶち当たるのが予測出来ます。

具体的に言うとスルガ銀行などで個人の信用を毀損しながら買い進める方法です。

これは最初から回避出来るので簡単です。

では結構買い進めていて壁にぶち当たる場合はどうでしょうか?

個人毀損もそうですが法人スキームで買い進めていても使える銀行が限られてきます。

使える銀行とは不動産投資に比較的積極的な銀行になります。

イクメン大家は取引銀行が多いので新規開拓が重要なタスクになっています。

この融資先の選択肢が無くなる壁を打破しないと資産規模の拡大は難しくなります。

そこで取る戦略は、都銀、地銀、第二地銀ときて信金、信組も取り組みます。

さらに地縁のある地域を徹底的に攻めます。

地縁については昨日の記事を参照ください。

そうすることで取引できる銀行が劇的に増加します。

そうなると後は物件を持ち込み続けるだけです。

何度も何度もチャレンジすると担当者も次は何とかしたい!と一緒になって頑張ってくれます。

融資出るまで何度も物件を持ち込めばそのうち融資承認が出ます。

いつも言っていますが諦めずに持ち込みましょう。

「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示