すごーく色々動いています。

animal-927904_640.jpg

おはようございます。

23/52週が始まりました。

今週は本業が結構詰まってるので大変ではありますが、不動産関係の面談も沢山あります。

本日はある雑誌の取材がありますし、銀行面談も控えています。

楽待コラムも3ヶ月ぶりに更新したら週間1位になりました。

スクリーンショット 20170604214126 
ありがとうございます!

そんな中、おっと思うようなメールを頂きました。

内容はまだ書けませんが、タイミングが来たらお知らせします。

ブログをやっていると色んな方から応援を頂くのでありがたい限りです。

そこでよく聞かれるのが、よく本業もやりながら不動産投資もしてますね?という質問です。

私の時間管理はやり方とツールの2つあります。

1つ目はツールとして、iPhoneのカレンダーを利用している事です。これはMacとも共有していて予定が入ると15分単位で入力していきます。

2つ目は時間管理のやり方として、優先順位付けを行うという点です。

突然のスケジュールが入ってくる事がほとんどなので、それがどの順位なのかをすぐに判別してすぐにやるべきことか?どうかを判断します。

1分以内、3分以内、5分以内、30分以内、1時間以内、3時間以内、6時間以内、今日中という具合です。

そもそも予定が先の場合は、移動時間も入れた時間を指定します。

私のカレンダーは先にイベントが起こりそうな所は全てブロック(自分の時間確保)しています。

分単位で入れていくと、30分程度の空き時間が出て来る場合があります。

例えば移動時間が想定よりも短く済んだとか前の打ち合わせが早く終わったなど。

その少ない空き時間を使って、優先順位が低い雑務で埋めていくと、あら不思議!全部タスクが終わっているようになります。

優先順位の高いものはまずは5分でも時間確保、低いものはToDoにリスト化、空き時間が出来ればToDoから引っ張ってこなしていくという動作を繰り返すだけです。

イクメン大家の優先度が高いタスクの一つに買付がありますが、どんなに忙しくても5分間確保して買付を出します。

どうしてもPC開けない場合は、買付を代理で出してもらいます。

その場合は、メールで購入する意思表示をして買付のエビデンスとします。

実際仕事をこなすのはぽっかり出来た空き時間が多いような気がします。

そこを少し休憩してサボるか?ToDoをやり続けるか?の積み重ねが1年後の結果に繋がっているのではないかと思います。

さて今週もガンガン動きます!

「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

時間コントロール

素晴らしいです。
すごーく自分が苦手な所です。
「時間を制すものが時を制す」ですね。
肝に命じていますが、
改めて、自分も頑張ろう!

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示