必ず知っておきたい!不動産投資で融資を受けられる銀行まとめ

必ず知っておきたい!不動産投資で融資を受けられる銀行まとめ


属性により使える銀行が異なる事を把握しておく


不動産投資において銀行融資は避けて通れないプロセスです。築古や戸建てを現金で買って資産を増やす方法もありますが、この記事では年収別に融資を使ってレバレッジを効かせた手法について説明します。

不動産投資では主に銀行、売主、買主、仲介会社のプレイヤーがいます。その中でも銀行が融資を出さない限り物件を買う事はできません。

サラリーマン年収が低い方、カードローンや車のローンなどの借入がある方、収入や自己資金が1000万円以下又は過去3期分の決算書が赤字の自営業者の方は銀行からみて一般的に「低い属性」に所属する事になります。

ここでいうサラリーマン年収ですが、700万円を基準にしておけばいいと思います。500万円以上700万円以下の方は一般的に「属性が低い」ということになります。

年収500万円以下の方は借入は控えめにして、戸建てや築古の小ぶりな物件を現金中心に投資を進める方が良いと思います。

ただこの基準も銀行によっては1000万円以下の方も低い属性になる場合もありますのでキッチリと決まっている訳ではないことを理解しておいてください。

低い属性だからといって融資を受ける事が出来ない訳ではありませんので心配する必要はありません。低い属性の人がその人なりに進められる方法があります。

私は年収1000万円を超えますので、いわゆる高い属性のサラリーマンとなります。私は高い属性に合わせたベストな方法で物件取得を進めています。

高い属性の中でさらにカテゴリを分けますと、年収1000万円、3000万円、5000万円の方においても不動産投資のやり方は変わってきます。

つまり高属性の年収1000万円と年収3000万円では銀行の姿勢が全く異なります。

さらに年収1000万円を超えていても例えば自己資金が100万円しかないと属性は低くなります。自己資金は1000万円を最低ラインに考えておけばいいと思います。

ただ自己資金が1000万円以下の場合でもスモールスタートで対応できる方法はあります。

属性によって不動産投資の進め方が全く異なりますので、成功している人のマネをしても自分に合ってないやり方だとやるだけ無駄という事になります。

今のメンター(師匠)が自分と同じ属性なのか(もしくは過去に同じ属性だったのか)を十分確認しておくことをオススメします。

また融資においては、属性だけではなく自己資金、時期、物件、支店、融資担当者によっても結果が変わるので属性は大きな方向性を決める最初の基準だと認識しておけば大丈夫です。

本記事の情報も時が過ぎれば変わりますのであくまで参考情報としておいてください。

また本記事では法人融資を前提に記載しています。個人での購入は考慮していません。



年収500万円以上700万円以下の方が利用出来る金融機関

  1. 日本政策金融公庫
  2. 信用金庫
  3. 信用組合
  4. セゾンファンデックス
  5. 三井住友トラストL&F
  6. いわゆるノンバンク系
年収700万円以下でも自己資金が1000万円以上あるかないかでも使える銀行が変わってきます。

自己資金が1000万円以下の場合は、日本政策金融公庫、SBI銀行、オリックス銀行を中心に検討した方がいいと思います。

自己資金が1000万円以上お持ちの場合は、次の年収700万円以上1000万円以下の方が利用出来る金融機関を利用できる可能性が高いです。

自己資金が5000万円以上お持ちの場合は、次の年収1000万円以上の方が利用出来る金融機関を利用できる可能性が高いです。



年収700万円以上1000万円以下の方が利用出来る金融機関

  1. 日本政策金融公庫
  2. セゾンファンデックス
  3. 三井住友トラストL&F
  4. SBJ銀行(代表者名を信用情報に記載)
  5. 信用金庫
  6. 信用組合
  7. オリックス銀行(代表者名を信用情報に記載)
  8. 第1地方銀行
    1. 千葉銀行
    2. 静岡銀行(配偶者の連帯保証人が必須)
  9. 第2地方銀行
    • 大光銀行
    • 関西アーバン銀行
    • 八千代銀行

この年収レンジで自己資金が1000万円以上お持ちの場合は、上記のように選択肢が広がります。

もし自己資金が1000万円以下の場合は、既出の年収500万円以上700万円以下の方が利用出来る金融機関を中心に考えた方が無難です。

この年収レンジで自己資金が5000万円以上お持ちの場合は、次の年収1000万円以上の方が利用出来る金融機関を利用できる可能性が高いです。



年収1000万円以上の方が利用出来る金融機関


  1. 日本政策金融公庫
  2. セゾンファンデックス
  3. 三井住友トラストL&F
  4. SBJ銀行(代表者名を信用情報に記載)
  5. 信用金庫
  6. 信用組合
  7. オリックス銀行(代表者名を信用情報に記載)
  8. 第1地方銀行
    • 七十七銀行
    • 群馬銀行
    • 北陸銀行
    • 埼玉りそな銀行
    • 東京都民銀行
    • 千葉銀行
    • 千葉興業銀行
    • 横浜銀行
    • 静岡銀行(配偶者の連帯保証人が必須)
    • 百五銀行
    • 近畿大阪銀行
    • 紀陽銀行
    • 伊予銀行
    • 宮崎銀行
    • 福岡銀行
    • 西日本シティ銀行
    • 親和銀行
  9. 第2地方銀行
    • 大光銀行
    • 関西アーバン銀行
    • 八千代銀行
    • 中京銀行
    • 京葉銀行
  10. みずほ銀行
  11. 三菱東京UFJ銀行
  12. りそな銀行
  13. 三井住友信託銀行
  14. 三井住友銀行(配偶者の連帯保証人が必須)

などその他多数あります。かなり有利ですね。

もし年収が1000万円以上でも自己資金が1000万円以下の場合は、既出の年収700万円以上1000万円以下の方が利用出来る金融機関を中心に考えた方が無難です。


支店の情報は載せませんのでご了承ください。
支店や担当者によって同じ案件でも融資が出るところ、出ない所があります。

しかも情報が随時変わりますので最新の情報を常に把握しておく必要があります。



年収2000万円以上の方が利用出来る金融機関


話を聞いてくれない金融機関はないでしょう(笑)。

積極的に持ち込めば良い担当者に巡り会えると思います。



日本で営業している銀行は沢山ある

日本で営業している金融機関は沢山あります。
その中から自分の属性に合う、物件もエリア内の金融機関に当たれば融資は通ります。
諦めずにどんどん持ち込む事で良い結果に繫がると信じています。




「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示