住民異動の日時にご注意を

time-2189800_640 (1)

おはようございます。

ポジティブな人と会って会話すると色んなシナジーが生まれて楽しいですね。

さて全国にあらゆる種別の物件を買い進めているイクメン大家は住民票の異動は頻繁にあります。

そこで注意点がありますので共有したいと思います。

住民税は、1月1日現在の住所地で、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税されます。

つまり、1月2日以降に他の市町村に転居した場合でも、1月1日現在で居住していた市町村に全て納付しなければいけません。

これは理解していましたが、イクメン大家はミスをおかしていました。

上記セオリーに従って、1月1日に住民登録していればOKと考えておりましたので、12月末日で一旦転居の手続きを旧住所で取っていました。

転入はスケジュールの都合上、年明けにして1月1日の住民登録は旧住所のままにしたかったのですが、これが誤りでした。

年明けて転入手続きしたところ、去年の転出した日から新住所で住民となっていました?!

つまり新住所で1月1日を迎えることとなり、住民税は新住所の市区町村に支払う事になりました。

これ結構面倒でして想定していた元の市区町村から課税証明書などは発行されず、新住所での発行となり、新住所は地方になりますので郵送での手続きと思った以上に時間がかかる事態となりました。

まぁ確かに転出しているので旧住所には存在しないということになるのは理解出来ますが、それにしてもケアレスミスでした。

住民票異動をよくされる方はこの辺り注意したほうがいいと思います。



「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示