弱肉強食

adler-2918835_640.jpg

おはようございます。

成見郷(イクメン大家)です。

昨日奥さんがハワイから帰国しまして今後のビジネスに得るものがあったようで良かったです。

今日から家族で大阪に行ってます。

SPGプラチナ修行を兼ねてですが(笑)。

この時期でまだプラチナステータスを確保していないのも情けないのですが、余裕で達成出来そうです。

同時並行で走りながら物事を進める事が多いイクメン大家ですが、プライオリティの高いものが続くと大変です。

突然の電話で銀行から資料送ってほしいなど急にプライオリティが上がる事項はタイミング的に重なるものが多いです。

秘書業務の件、幾つかご提案を頂きましてありがとうございます。

私なりに日本に居なくてもどういう業務に対応してほしいのか整理してみました。

1.私宛にかかってきた電話(携帯含む)に出てもらう(転送で対応)、メールも同じ。
2.自宅に届いた郵送物の開封、それをスキャンしてpdfでメール
3.スケジュールの管理
4.払込票による公共料金の支払代行

とすぐに思い浮かんだのですが、これらは私の会社で出来そうな気になってきました。

1.私の携帯番号の登録を新しい番号にして、全ての電話を転送設定にします。
2.自宅に届く郵便は全て会社に転送します。
3.電話やメールで受けた要件をgoogleカレンダーに入力してもらって自分でスケジュールとタスクを把握します。
4.払込票の公共料金はクレジットカード払いにするか口座振替で対応します。

という訳でまだ大丈夫かもしれません。

もう少し激務になってきたらもう少し具体的に検討してみます。

さてどこのビジネスの世界でも弱肉強食で成り立っている感はありますが、不動産投資においては個人プレーヤー(投資家)が多く、素人も多いので弱い者に陥りやすいです。

逆に強い者になるには勉強して実践して経験を積みながら小さく始めて大きくしていくことで勝率は高くなります。

分析をしっかりして納得したキャッシュフローやキャピタルを狙える物件に絞って投資を進めていく事で成功の確率はぐっと上がります。

つまりブレない基準を持つということです。

あっちも、こっちも、成功大家さんの意見を聞いて何が正しいのか揺れ動いている貴方!軸足を自分自身に向けて、現在の自分の環境を棚卸して何がベストなのかを把握してから不動産投資に参入した方がいいです。

不動産は大きな投資額になりますのでブレるのは危険です。

リカバリー出来る案件であればいいですが、リカバー出来なければ一発退場もあり得ます。

兎に角ブレない、自分の方向性は正しいと信じないと思い通りには進みません。

不動産投資で弱者にならないように緊張感や危機感を持っておかないと強い者に簡単に飲み込まれてしまいますよ。

「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示