支店を変える事で融資が拡大出来るのか?

singapore-243669_640.jpg

こんばんは。沖縄から帰ってきましたイクメン大家です。

さて今日の記事はすでに取引ある支店からもう融資出来ませんと言われていた場合に、融資枠を拡大する方法です。

すべての銀行に使える手法ではありませんが、どうしても融資を拡大したい場合には有効な手段だと思います。

銀行の融資の可否は、支店や担当者によって異なります。

不動産を得意とする担当者がおり、支店長も不動産に積極的な支店は比較的融資が上手く行きやすいです。

一方、不動産が分かっていない担当者の場合は、良い物件でも融資は通りません。

本部承認を得る為の稟議書を書く力が無いからです。


さらに私はある銀行の支店からもう融資は出来ませんと言われていました。

次融資を受けるには今の物件を売却してから検討しますと言われておりました。

ところがです、別の支店にいる非常に優秀な融資担当者の方に相談したところ、組み立て出来るというお返事をもらいました。

早速物件資料と私の資料をお渡ししたところ、1週間程度で支店内の承認を取られました。

驚きです!

その銀行はもう融資受けられないと諦めてたのに、担当者次第では出来る事が分かりました。

問題はすでに取引がある支店から新たな支店に全て移行する意思表示が必要です。

当然新たに融資を受けることが出来ますので、支店を変えるという手続きに入ります。

これから実際に動くことになりますのでまたアップデートします。





「キャッシュフローナビ」は、
投資指数を基準に優良物件を瞬時に判定します。
アプリのダウンロードはこちらから:
iPhone/iPad版:キャッシュフローナビ iPhone/iPad
Android版:キャッシュフローナビ Android


コメント

非公開コメント

会員制 不動産投資クラブ
読者登録 (LINE@に対応)
ブログ記事の更新をLINE@でお知らせします。
ご希望の方は友達追加をクリックお願いします。
友だち追加

又はLINEアプリの友達追加から@ikumenをID検索してください。

QRコードで友達追加:
友だち追加

ブログ記事の更新をメールでお知らせします。
登録後、確認メールが届きますのでメール内のURLを必ずクリックしてください。確認メールをクリックされず登録未完了の方が増えています。


提供:PINGOO!

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イクメン大家

Author:イクメン大家
イクメン大家こと
成見 郷(なるみ ごう)と申します。

2006年に1棟目の不動産投資物件を購入してからこの世界に入りました。

2014年から本格的に買い進め、現在は日本全国にマンション、アパート、収益ビル、老人ホーム、シェアハウスなどを保有する規模に拡大している現役サラリーマン大家です。

会員制 不動産投資クラブ【For The WIN】の会長として、資産10億円を実現するサラリーマン・経営者の方に向けてブログに書けない実践的な不動産投資勉強会を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりお願いします。

キャッシュフローナビ




「キャッシュフローナビ」は、独自の【投資指数】を駆使して、儲かる優良な不動産物件を瞬時に判定するアプリです。
不動産投資(一棟購入)をする方が、投資判断を適切に行うために開発されました。
物件を紹介された際、即座に判断しなければならない時はありませんでしたか?
このアプリは、必要な情報を入力することでスピーディーに投資判断を得ることが可能です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示